無銭日記

なんかプラスになればいいなっと思った。

AIが仕事を奪ってくれる日

「AIに仕事を奪われてしまう」ってのは中々いいことだと思います。
社会的な仕組みが備わればですが。


アートとかは違うかもしれませんが、仕事の根本って生きる術でやっているわけで、それがAIに取って代われば人件費などのコストが下がり、かつ効率が上がって人は働かなくてもよくなるわけですよね。
働かずして生活できるようになるわけで・・・仕事をするために生活をしているのではないわけで・・・って言うのを通勤中に思っていたわけで。


でも、「仕事が奪われる=お金が稼げなくなる」
って事じゃなければAIにどんどん仕事を奪って欲しいですよね。
AIがした仕事の利益が分配されれば、みんな働かなくてもいいわけで、それが社会主義なのかなんなのか・・・行き着く先がよくわからないですが、生きることや娯楽が目的なら働かなくてもいいわけで・・・。
お金が欲しければAIにはできない「人間的な【無駄】を含んだ面白い発想」が必要なわけで、それすら盗られた日には、本当に「生きている」だけなわけで、人間は植物のように生産されるわけで、AIにとって人間はロスにしかならない物体なわけで・・・って言う中々SFチックな発想になるわけで・・・
一言で表すと、「明日仕事行きたくないな」って言うのがこの話の根本な訳です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。